DISCOGRAPHY (EP/SINGLE)

ヴェルヴェット・ティーンの作品集 (EP/SINGLE)



ALBUM (JP)ALBUM (US)|EP/SINGLE|COMPILATIONSOUNDTRACK


Parallel Universes Parallel Universes (Self-Released, 2017)

  1. Parallel Universes
  2. Mean Mind
※2017年の来日公演のために作られた333枚限定のピクチャー・7インチ盤。 2017年の8月から9月にかけてジュダ、ジョッシュ、ケイシーの3人で制作が行われ、2015年発売のアルバム「All is Illusory」のアートワークを手掛けたYoung & Sickがキーボードなどでゲスト参加。 マスタリングは、ジュダの実弟でありツアーにキーボーディストとして参加しているエフリアム。 アートワークは、カリフォルニア在住のイラストレーターであるMica Jenningsの手によるもの。 なんと全部で67種類の絵柄があるとのこと。




You Were The First SXSW '15 (Topshelf Records, 2015)

  1. Spin (Nai Harvest)
  2. You Were The First (The Velvet Teen)
※2015年のSouth by Southwest(SXSW)におけるTopshelf Recordsのプロモーション用に作られた、Nai Harvestとのスプリット盤。 同年に発売されたアルバム「All is Illusory」(米国盤)のLP盤の購入特典にもなりました。 また、非売品ではあるものの2015年の来日公演時には物販にて購入することができました。




No Star No Star (Self-Released, October 2010)

  1. No Star
  2. Forfor
  3. Fixing a Faucet
  4. Pavlovian Bell
※2010年10月に行われた来日公演の会場にて限定販売された4曲入りEP。新ギタリストのマシューが加入してからは、初となる音源。 元Jellyfishのメンバーであり、現在はプロデューサーやエンジニアとして活躍するChris Manningをプロデューサーとして迎え入れ、 カリフォルニア州バークレーにある著名なレコーディング・スタジオ、Fantasy Studiosにて9月14日よりレコーディングを開始。 9月30日にマスタリングが終了し、その約2週間後の来日公演初日である10月13日には発売されるという迅速さで以ってファンの元に届けられた、現在進行形の彼らが分かる貴重な1枚。

※アメリカでは、2011年1月7日より発売開始。12インチ盤は、MAKE YOU SICK版(緑・青/限定500枚)とSIDE WITH US RECORDS版(白/限定550枚)の2種類があります。



GyzmKid GyzmKid (Slowdance Records / May 2, 2006)

  1. GyzmKid
  2. Spin the Wink (Little Cat Remix)
  3. False Profits (Cute Version)
※2006年5月2日、Slowdance Recordsより発売。 アルバム「Cum Laude」に収録されている「GyzmKid」と、未発表曲2曲を含む全3曲。 ちなみに、2曲目はLittle Catによるリミックス、3曲目はジュダと彼の恋人であるアシュリィとのデュエット曲。



Split 7inch The Velvet Teen / Sin In Space (Split 7") (Pancacide Records, September 2004)

  1. Code Red (The Velvet Teen)
  2. GO! (The Velvet Teen)
  3. Extraterrestrial (Sin In Space)
  4. Do You Love Me Now? (Sin In Space)
※2年ほど前に発売される予定だったにも関わらず、長い間お蔵入りになっていたSin In Spaceとの7インチ・スプリット盤。アートワークは、ローガン・ホワイトハーストが担当。 「Code Red」は、日本盤「Out Of The Fierce Parade」のボーナス・トラックとして収録されているものと同じで、「Go!」は、Tones On Tailのカヴァー曲。 また、「Extraterrestrial」にはローガンが、The Breedersのカヴァー曲である「Do You Love Me Now?」にはVTの3人が参加。 ちなみに初回プレス分の約1,000枚は、VT収録面にSISの、SIS収録面にVTのラベルが間違って貼られたまま発売。ある意味、貴重。



+ - = Plus, Minus, Equals (Slowdance Records, 2002)

  1. Naked Girl
  2. Counting Backwards
  3. Mother of Love
  4. Your Cell
  5. Super Me
  6. Never Happy
  7. Milo 7
  8. Penning the Penultimate
  9. Reverie to Chanticleer
※「The Great Beast February」と「Comasynthesis」のコンパイル盤。お得。



immortalityImmortality (Pandacide Records, 2001)

  1. Stay With Me
  2. Weddings and Wakes
  3. Heaven
  4. No One Will Ever Love You
※Pandacide Recordsから発売された7インチ・ピクチャー・ディスク。4曲目はThe Magnetic Fieldsのカヴァー曲。ちなみにタイトルはミラン・クンデラの同名作品「不滅」から。現在は廃盤。



the great beast februaryThe Great Beast February (Self-Released, 2001)

  1. Naked Girl
  2. Counting Backwards
  3. Mother of Love
※「Comasynthesis」でのローガンとのセッションから生まれた作品。タイトルはクライヴ・バーカーの「The Thief of Always」からの引用。オリジナル盤は入手困難。



comasynthesisComasynthesis (Self-Released, 2000)

  1. Your Cell
  2. Super Me
  3. Never Happy
  4. Milo 7
  5. Penning the Penultimate
  6. Reverie to Chanticleer
※ヴェルヴェット・ティーンの原型となったジュダのセルフ・プロデュース作品。オリジナル盤は入手不可能。


戻る
inserted by FC2 system