DISCOGRAPHY (ALBUM)

ヴェルヴェット・ティーンの作品集 (ALBUM)



ALBUM (JP) |ALBUM (US)|EP/SINGLECOMPILATIONSOUNDTRACK


All is Illusory All is Illusory (Topshelf Records / June 30, 2015)
  1. Sonreo
  2. Eclipses
  3. Manifest
  4. Pecos
  5. All Is Illusory
  6. The Giving In
  7. Church or State
  8. Taken Over
  9. You Were the First
  10. The Veil Between
  11. Gtra
※2015年6月30日にTopshelf Recordsより発売される予定の4枚目のアルバム。 共同プロデューサーは、Steve Choi (Rx Bandits, Peace’d Out) とRoger Camero (No Motiv, Peace’d Out)。 CDとデジタル・ダウンロード販売の他、LPだけでも、@180g重量盤(2枚組/黒/限定200枚)、A黒と銀の両面色違い(限定300枚)、B銀に黒の模様入り(限定1000枚)の3種類を発売。 2枚組のものは、メタリック・シルバーの塗装を施した見開きジャケット仕様となる予定。レーベルのウェブサイトより予約購入すると、FLAC、ALAC、MP3(320)、MP3(VBR)、AAC(256)のいずれかの形式でアルバムの楽曲をダウンロード可能。



Cum Laude! Cum Laude (LP) (Pandacide Records / October 2006)
  1. 333
  2. Flicking Clint
  3. Rhodekill
  4. False Profits
  5. Tokyoto
  6. Noi Boi
  7. Spin the Wink
  8. Bloom
  9. Building a Whale
  10. In a Steadman Spray
  11. Around the Roller Rink
  12. Gyzmkid
※Pandacide Recordsより発売された12インチ盤。リマスタリングにより、音質も向上。歌詞カード付き。 ちなみに、ジャケットには「ザ・ヴェルヴェット・ティーン|カム・ラウド」という日本語と、日本で発売されたCD盤の帯に書かれている「2年ぶりのサードアルバム、新ドラマーを迎え、よりヘビーに、よりアグレッシヴに進化を遂げたTVT。最高傑作完成。」というキャッチコピーが、そのまま印刷されています。



Cum Laude! Cum Laude (CD) (Slowdance Records / July 25, 2006)

  1. 333
  2. Flicking Clint
  3. Rhodekill
  4. False Profits
  5. Tokyoto
  6. Noi Boi
  7. Spin the Wink
  8. Bloom
  9. Building a Whale
  10. In a Steadman Spray
  11. Around the Roller Rink
  12. Gyzmkid
※2006年7月25日、Slowdance Recordsより発売。先行シングル「GyzmKid」などを収録。



elysium Elysium (LP) (Pandacide Records / June 2005)

  1. Sartre Ringo
  2. Penicillin (It Doesn't Mean Much)
  3. A Captive Audience
  4. Chimera Obscurant
  5. Poor Celine
  6. Forlorn
  7. We Were Bound (to Bend the Rules)
  8. No One Gets The Best Of Me
※未発表曲「No One Gets The Best Of Me」を含む2枚組10インチ盤。




elysium Elysium (CD) (Slowdance Records / July 20, 2004)

  1. Sartre Ringo
  2. Penicillin (It Doesn't Mean Much)
  3. A Captive Audience
  4. Chimera Obscurant
  5. Poor Celine
  6. Forlorn
  7. We Were Bound (to Bend the Rules)
※日本より約2ヶ月遅れの発売となる米国盤。ジュダのPower Book G4 Laptopを使い、倉庫や教会、クラブ、クローゼットなど様々な場所で録音。 ギターの代わりにピアノや弦楽器、木管楽器などを導入するなど、今までで最も「野心的な」製作過程だったとか。 ちなみに、これらのアレンジを担当したのは彼らの友人でもあるAdam Theis。



out of the fierce parade Out of the Fierce Parade (Slowdance Records / March 19, 2002)

  1. A Special Gift To You
  2. Radiapathy
  3. The Prize Fighter
  4. Red, Like Roses
  5. Caspian Can Wait
  6. Four Story Tantrum
  7. Into The Open
  8. Penning the Penultimate
  9. Your Last Words
  10. Death
※何と8日間で作り上げたという驚愕のファースト・アルバム。タイトルは「Into The Open」の歌詞より。プロデュースはデス・キャブ・フォー・キューティーのクリス・ウォラ。ジュダ曰く最も充実した作品。生から死への過程を意識した曲名や曲順、メンバーの手によるアート・ワークなど、かなりコンセプチュアル。 ちなみに、トレイに記載されている英文はヘンリー・ミラーの代表作「北回帰線」からの引用。



戻る
inserted by FC2 system